京都奈良の動画クリエイターパパ

プロフィールや自己紹介動画をただただ映えて撮ることはしません

 
この記事を書いている人 - WRITER -

いやーかなり暑くなりました。

梅雨が早く来たと思ったら空がどこまでも青い快晴ばかり。

毎年の事ですが今年の夏も暑くなるんですかね〜?

さて今日は最近ご依頼のあった自己紹介動画に関してです。

 

自己紹介動画をなぜ作るのか

HPを訪れた人に文章や画像だけではなく自己紹介動画を見てもらいたいと思う方が増えてきました。

自分でHPを作ることに慣れてきたらブログだけでなく次のステップにいきたいですよね。

かと言ってYouTubeを始めるほどでもないし動画編集を今からマスターして続けていくのも中々骨が折れる!

そんな方の為に僕みたいな人達がいてるわけですが、どんな人に頼めばいいのか、安心して作れるのか気になりますよね。

誰かに作ってもらうとなると必ず「費用」が発生します。

無料でやってくれる人もいるかもしれないけど要望をあれこれ言いにくいのもあります。

自分の事業を必要な人に届けたいのに遠慮してては中々届きません。

さて、僕は打ち合わせにて自己紹介動画を作るときには以下の事を僕は必ず聞きます。

 

「どうして作るのですか?」

 

僕は何だかどうしたいのかよくわからない動画は作りたくありません。

制作してから「なんか違う」という風に言われたくないのもありますが、僕の方で編集をしてクライアント様に確認をしていただく時に「何を基準にちゃんとできている動画か」を明確に持ってもらう為です。

 

自己紹介やプロモーションで大切なこと

打ち合わせで要望だけでなく、

  • どんな人に(年代や趣味趣向)
  • どの地域の人に
  • 性別は?
  • あなたは何が特化していて
  • あなたから何が得られるのか

をしっかり持っていらっしゃるのか聞きます。

これらがコンセプトとして持てていないと、そもそもの「お客様」となる人が安心して問い合わせや購入をする確率がかなり低くなります。

例えるなら値段表示もジャンル表示も無いレストランにスッと入る人は多いでしょうか?

僕はそこの部分を一番大事にします。

し、

誰かに動画制作を頼むならこの部分をしっかり決めてから依頼してください。

僕はかつて大阪で起業者向けの講座をやっていました。

その時も今と同じく上記の項目を必ず、口酸っぱく言っていました。

ターゲットを絞ることは結構勇気がいるのですが、多種多様な今の世の中その他大勢になるのかブルーオーシャンの少数派になるのか決めないと戦っていけません。

 

「そんなん苦手」っていう方でも大丈夫。

 

僕も一緒に発掘します。

ターゲットを絞ることの大事さを丁寧にご説明します。

そしてどんな動画にすれば良いのか、何を話せば良いのか決めます。

その上で自己紹介動画を作りましょう。

あなたの将来の為にお手伝いさせてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パパ育児 , 2021 All Rights Reserved.